NEWEST / < NEXT   BACK >

Dolphinの自動更新に対する対応策

少し前からねとらじ公式アプリケーションであるDolphinから録音機能が省かれてしまいました。
現在公開されているDolphinは、所謂番組配信一覧通知アプリケーションになってしまったわけですが、それでも以前からのユーザーはどうしても録音機能が欲しいという方も多くいらっしゃるわけで、そういう方は起動直後に通知される自動更新のはい/いいえが非常にうっとおしいと思っていらっしゃる方も多いはずです。

Dolphin本体は『c:Program FileslivedoorDolphin』、もしくは64bit系OSなら『c:Program Files(x86)livedoorDolphin』という中のフォルダで行われ、その中にあるStartup.exeを立ち上げる事で、Dolphin本体の立ち上げと更新の確認を行っています。
そしてStartup.exeを立ち上げると同時に、フォルダの直下に『$update』というフォルダが生成されます。
実は、この『$update』というフォルダの中にあるDolphin.exeが最新のDolphin本体になるわけです。
起動直後に通知され、はいをした場合は、このフォルダの中にあるDolphin.exeが、ひとつ上のフォルダのDolphinに上書きされる事で最新のバージョンに更新されるというわけです。

今回の話は、ようはこの自動更新を何とかして止めたい…通知すらもさせたくない…という方向けの話になります。
調べてみると、どうもDolphin.exeの最新チェックは、ひとつ上にあるDolphin.exeとバイナリ(実行可能なプログラム=exeファイル)の日付をチェックしているだけのようです。
つまり、ここを何とかすれば起動時のはい/いいえの通史そのものをあっさり止める事が可能になります。
その方法は2つ…

ひとつは、$updateフォルダの中にあるDolphin.exeの上に、ひとつ上のフォルダのDolphin.exeを上書きして、$updateフォルダの中にあるDolphin.exeの上で右クリックをしてプロパティを開き読み取り専用のチェックを入れてOKをする
これは単純に、Startup.exeを起動した直後に、ネット上からダウンロードするDolphin.exeを上書きさせないようにする方法です。
Dolphinの更新は、$updateフォルダ内にダウンロードされたDolphin.exeとの日付の比較のみを行っているだけですので、ようは$updateフォルダの中のDolphin.exeが『みかけ上は』最新の状態という方法を使っています。

もうひとつの方法は、メモ帳を開き$update.txtという名前のファイルを作り、拡張子を削除して$updateという単一のファイルにします。
『c:Program FileslivedoorDolphin』、もしくは64bit系OSなら『c:Program Files(x86)livedoorDolphin』の中にある$updateフォルダを丸々削除して、Dolphinフォルダに先程作った$updateという単一のファイルを入れるだけです。
実はこの方法、Windowsのシステム自体の穴をついた方法です。
同名のファイル名の場合、例えばaaa.txtというファイルと、aaa.jpgというファイルがあった場合、Windows上では拡張子を使ってどういうファイルかを判別しているわけです。
そして、これはフォルダと拡張子無しの同名ファイルでは適用されないというのを利用して、擬似的に$updateフォルダそのものを更新させないという方法を用いて新しいDolphin.exeをダウンロードさせないという方法と用いています。

もし、Dolphinを利用していて、起動直後の自動更新の通知がうっとおしいと感じた場合、この2つの方法を利用すれば、その通知は一切されなくなり、間違って最新バージョンにしてしまったという事も回避出来るというわけです。
個人的には、前者の方法が簡単でオススメです。
気になっていたという方は、是非お試し下さい。

ただし、録音そのものは著作権法の違法ダウンロードに抵触する可能性があります。
特に今年末に予定(10/1頃?)されている法改正では『親告罪ですがダウンロードする側も懲役・罰金の対象』になるため、普段何気なく録音していた放送で著作権違法の親告があった場合は、録音している側も罪に問われる可能性があるという事です。
これが一体どこまでが許容範囲なのかというのが曖昧であるため、放送する側も聞く側も今後はより一層注意をしなくてはいけません。

そもそも『違法と知っていてダウンロードした場合』という事自体が非常に曖昧なんですけどね…。
勿論、録音せず聞く分にはストリーミングという形式であるため、ダウンロードには当たらないというのもポイントです。
有識者の考える事は私にはさっぱり分かりません┐(´д`)┌

| 雑記 | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








トラックバックURL

http://tetrapodrecords.sakura.ne.jp/pc/tb.php/128

トラックバック

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

ARCHIVES

<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

STAFF

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINK

SEARCH




OTHER







>>Contact